交通事故の弁護士は加害者と交渉をするわけではありません

国内で交通事故の被害者になった場合、はじめから弁護士に
依頼するケースは極めて稀だと言えます。

それは、欧米と異なり日本では弁護士に相談する風習が
未だないからです。

そして、交通事故の被害者は、殆どが法律的な知識や
交渉方法について素人なので、加害者側の保険会社から
不適切な対応されることが多いわけです。

味方になってくれる

例えば、保険会社は被害者を加害者のように扱うこともあり、
最終的に不当に低い額で示談にしようとするわけです。

気の弱い交通事故被害者の場合、そうした不当な示談案でも
気後れして、受けざるを得なくなったりします。

加えて、弁護士に依頼すると、高額な訴訟費用がかかるの
では、と心配する場合もあります。

また、裁判になると時間を取られるので、仕事に差し障りが
出ると懸念したりするわけです。

ところが、実際は、訴訟を起こさなくても、弁護士を通して
示談交渉するだけで、最初の示談金額が大幅に増えることがあります。

そして、依頼報酬は、その増加分から支払われるので、実質的には
費用はかからないことになります。

相談する