交通事故の弁護士費用の相場について

通常、弁護士費用には、相談料、着手金、報酬金、
実費がかかります。相談料は30分5,000円~とされていますが、
交通事故を依頼する際は、無料となっているケースが
少なくありません。

インターネットで依頼を募集している事務所には、
無料としているところが多くあります。

着手金とは、依頼時に弁護士に払うもので、事件の難しさや
勝訴の見込みによって決められる金額のことです。

この着手金は、交通事故での平均的な金額は
80万とされています。
様子を見る

報酬金とは、弁護が終わり一定の成果が
得られた場合に支払うもので、示談金が
得られたり、裁判で勝訴したときに
その成果に応じて払われるものです。

実費とは、事件処理に発生する様々なお金のことです。
弁護士の交通費や書類や物品の送料、調停や裁判の際に
裁判所に納める印紙代などです。

主にかかる費用は着手金と回収額の10%ですが、
交通事故を担当する弁護士の最も多くが受け取っている金額は
合わせて80万と言われており、この金額が相場だと
言われています。
警戒心ゼロ