交通事故での加害者と弁護士の話し合いについて

交通事故の双方の当事者は、示談交渉という
話し合いの場を設けて、賠償額をいくらにするかを決めます。
脱出

ここで、事故の当事者双方とは言っても加害者は
任意保険の示談代行特約を使いますから、
実際の話し合いは加害者サイドの保険会社担当対被害者で
行われるのが普通です。

保険会社としては賠償額を安く抑えたいところですから、交渉相手が
知識に乏しい被害者となると安い賠償額を提示した上で
先方のペースで示談を進めていきます。

これでは被害者は大きく損をしてしまうので、
交通事故で被害者になってしまったら
弁護士に相談して、示談交渉で味方に
なってもらうのが何よりです。静かに

保険会社と弁護士の先生との
交渉となれば保険会社のペースで
話し合いが進められることが
ありませんし、賠償金額も相手の
保険会社が安い基準で計算して
示した金額を正当な金額に
再計算をして被害者にとって
有利なように示談を進めて
もらえます。

加害者対弁護士の交渉で、最初に
提示された金額に比べて
賠償金の額は大幅にアップします。