交通事故に備えた損害保険の弁護士特約について

交通事故を起こしてしまうと、当事者のそれぞれに
相手に対する損害賠償責任が発生します。

これは、その交通事故で相手に与えてしまった損害を
お金に換算して支払う仕組みで法律でもその権利が
認められています。処理

実際に損害額がいくらでいくら賠償をするかは、
治療の状況や収入などによって変わります。

また該当の交通事故における双方の過失割合も重要です。
過失割合というのは、該当の事故における落ち度が
それぞれにどの程度あったかを割合で示すもので、
自分が受けた損害のうち過失割合割分は差し引いて
相手から賠償してもらう仕組みです。

損害賠償額は、当事者どうしの話し合いで決め、
この話し合いが示談交渉です。

示談交渉は、通常ですと契約している粗雲外保険に
代行サービスが付いていますので、保険会社の
担当者が代行します。特性

しかし、過失割合が100対0つまり一方には全く過失が
ない交通事故では、過失0の被害者側には損害賠償責任が
ないために、粗雲外保険会社は示談代行が
できないことになっています。

こうしたケースに備えて、粗雲外保険の自動車任意保険には
弁護士費用特約が付加されています。

弁護士費用特約は交通事故について弁護士に相談する
費用を補償する制度で、この特約を利用すれば
自分に過失がなく保険会社に示談の代行を
依頼できないケースも安心です。