交通事故で被害者に後遺症を負わせたら弁護士に相談を

交通事故を起こして、被害者に後遺症を追わせてしまったら、
行政処分、刑事処分、損害賠償と慰謝料が課されます。

こうした状況では、弁護士を頼らないと不利になります。
後遺症を負わせるような重大事故の場合には、罰金刑だけでは
済まず、逮捕・起訴される可能性があります。たいへん無防備な

しかし、示談交渉を上手く進めれば、軽い刑に
できるかもしれません。

その可能性に賭けて、弁護士に依頼して早くから
示談に向けて対話することが大切です。

保険会社に任せるのは止めたほうが良いです。
法律を専門とする弁護士の方が、最後まで確実に
サポートしてもらえる分有利です。

特に、おざなりな謝罪対応で被害者の感情を逆撫でるのは最悪です。
刑事処分はこうした感情面を重視して決められるからです。

実況見分調書などの証拠資料を集めて分析するのも
素人には難しいはずです。見透かされる

可能な限り処分を軽くすれば、社会復帰が早くなります。
前科を付けなくても済むかもしれません。

ですから、交通事故を起こしたら弁護士を
頼るようにしましょう。