交通事故に備えた損害保険の弁護士特約について

交通事故を起こしてしまうと、当事者のそれぞれに
相手に対する損害賠償責任が発生します。

これは、その交通事故で相手に与えてしまった損害を
お金に換算して支払う仕組みで法律でもその権利が
認められています。処理

実際に損害額がいくらでいくら賠償をするかは、
治療の状況や収入などによって変わります。

また該当の交通事故における双方の過失割合も重要です。
過失割合というのは、該当の事故における落ち度が
それぞれにどの程度あったかを割合で示すもので、
自分が受けた損害のうち過失割合割分は差し引いて
相手から賠償してもらう仕組みです。

損害賠償額は、当事者どうしの話し合いで決め、
この話し合いが示談交渉です。

示談交渉は、通常ですと契約している粗雲外保険に
代行サービスが付いていますので、保険会社の
担当者が代行します。特性

しかし、過失割合が100対0つまり一方には全く過失が
ない交通事故では、過失0の被害者側には損害賠償責任が
ないために、粗雲外保険会社は示談代行が
できないことになっています。

こうしたケースに備えて、粗雲外保険の自動車任意保険には
弁護士費用特約が付加されています。

弁護士費用特約は交通事故について弁護士に相談する
費用を補償する制度で、この特約を利用すれば
自分に過失がなく保険会社に示談の代行を
依頼できないケースも安心です。

交通事故の時は期間をあけずに弁護士へ

交通事故に遭うと、できるだけ期間をあけずに
弁護士に相談をするのが納得のいく解決を
するためのコツです。

もちろん、ケガをして動けない状態で無理に
弁護士を探す必要はありません。

その場合は、ある程度回復してからにしましょう。
交通事故の示談では、保険会社の担当者が
現れることが多いです。

遅くとも、保険会社の担当者が示談に現れた時には
弁護士を雇っておくようにしましょう。
向き合う

保険会社はプロですので、素人では勝ち目がありません。
悪質な場合ですと、無知につけこんで相場よりも
はるかに低い金額で示談をまとめられてしまうケースもあります。

契約書にサインをしてしまうと後でひっくりかえすことは
困難になるため、納得がいくまでは絶対に
契約書にサインをしないことです。

また、口約束でも契約は成立してしまうため、あまり安易に
相手の話に同意をしないことが大切です。
事務所へ向かう

交通事故で後遺症が残った場合には損害賠償の金額が
とても高額になります。

少なくとも、保険会社から提示された金額が適正金額で
あるかどうかだけでも相談をしておきましょう。