交通事故で弁護士に依頼するタイミングは?

交通事故の被害者になってしまった時、しておきたいのが
弁護士に相談をしておく事です。

慰謝料や示談金に関する交渉や支払いというのは
加害者側の保険会社が行う事になります。

保険会社は、少しでも支払う示談金が少なくて
済むように交渉をしてきます。笑える

その金額で示談が成立すると、その後に
後遺症が出てきても、後遺症に対する
慰謝料等は受け取れない事になります。

この状態を回避するには、最初にしっかりと
慰謝料を受け取っておく事が大切になります。

その為、交通事故の被害者に遭ったら、少しでも
早いタイミングで弁護士に相談をし、交渉を依頼して
おく事がお勧めです。

弁護士は交通事故に関する知識をしっかりと持っている
だけでなく、交渉のプロでもある為、加害者の味方となる
保険会社ともしっかりと交渉をしていく事が可能となります。
近づいてくる

それにより、保険会社が提示する示談金よりも、より高い
示談金を受け取れる状況を作って貰う事が可能となります。